A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キウミエント、リーグアンデビュー

昨シーズンシエナでプレーし、今シーズンはルマンへと渡り松井大輔のチームメイトとなったダヴィデ・キウミエントが、本日フランスリーグアンデビューを果たしました。

後半開始からその松井と交替で出場。
試合はサンテティエンヌに0-3の敗北。ほろ苦いデビューとなりました。
そしてその内容はと言いますと・・・残念ながら油断していてチェックしていませんでした!ごめんなさい!
後日再放送で確認して、ここに報告できればと思います。
ご期待ください。

セレソンのロビーニョ、マドリーのロビーニョ

レアルマドリーが全然駄目です。

欧州チャンピオンズリーグ緒戦のリヨン戦では0-3の完敗。
国内リーグでもセルタ、エスパニョールに連敗し、ビルバオ戦だってこれがマドリーで初出場となる、ジョナサン・ウッドゲイトのオウンゴールで、まさかまた負ける気か?と思わず期待してしまいました(当方筋金入りのアンチメジャーです)。

マドリーが今うまく行かない理由、それには「ジダンの不在」「ロベルト・カルロスも衰え」などなど、いくらでも挙げられますが、ここではひとつセレソン(=ブラジル代表)の若き才能・ロビーニョに注目してみましょう。

日本とも対戦したコンフェデ杯などで彼を目にされた方も大勢いらっしゃると思います。彼は今21歳ですが、十代と言われても信じてしまうだろうなというかわいらしいルックス。しかしドリブルの切れ味は目を見張るものがあります。

コンフェデ杯、南米予選などでロナウジーニョ・アドリアーノ・カカーという今をきらめくタレントたちと「カルテット」を結成し、一躍その名を世界に轟かせました。

そして鳴り物入りでマドリーへやってきたロビーニョでしたが、ここでの彼はセレソンで見せた輝きの半分、いや10分の1も見せていないような気がします。いったい彼に何が起こったのでしょうか?

それは彼の問題というより、周囲のメンバーが変わったことに問題があるように思えます。

セレソンでは、カルテットの他のメンバーたちが何よりも彼を輝かせよう、魅力を引き出してやろうと最大限配慮してプレーしていました。それはチームのためということもあるでしょうが、何よりも彼ら自身が「ロビーニョのプレーが楽しみたいから」という理由であったような気がします。ロビーニョがゴールしたり、アシストをしたりすると、アドリアーノなんかはまるで自分のことのように喜んでいました。

彼の長所を理解し、それを活かしてくれる兄貴分たちに囲まれ、セレソンでのロビーニョは使われるがままに動けばそれだけで最高のプレーができました。

さあ、では今のマドリーでは彼をとりまく状況はどうなっているのでしょうか。
マドリーもシステムはブラジルと同じ4-2-2-2を採用しています。ロビーニョらのカルテットは前の2つの「2-2」の部分に当たります。

マドリーでカルテットを組む相手は例えばロナウド、ラウール、ベッカムといった面子です。今の彼らはまだ自分のことで精一杯。とてもロビーニョを使ってやれる余裕はないし、むしろロビーニョに何とかしてくれと頼らんばかりの状態です。

しかたなくロビーニョは下がってきて自分でボールを運んでみたり、サイドに流れてみたり・・・と努力してみるのですが、ゴールから遠ざかった分決定的な仕事が出来なくなってしまいます。

先週末のアラベス戦では、とうとう先発を降ろされてしまいました。まだチームに馴染んでいない彼を一旦ピッチから遠ざけてみるというのは良い選択だとは思いますが、ちょっと彼が可哀想な気もします。だったらもう少し馴染んでから出してやれば良かったのに。

彼がここで活躍するためには、セレソンと同じように周りの先輩たちに自分を理解してもらってうまく使われるか、それとも頼りない先輩たちを見限って自分の才能の高さを見せつけてやるか。そのどちらかしかありません。

今日はもうすぐ欧州CLグループリーグ第2節、オリンピアコス戦です。今日はピッチにロビーニョの姿はあるでしょうか?そして、自分の本当の価値を証明することができるのでしょうか?

中田英、ボルトンで初出場・初勝利

つい今しがた中田英寿が移籍した英国プレミアリーグ・ボルトンが、UEFAカップ1回戦のロコモティフ・プロブディフ戦に2-1で逆転勝利を収めました。

中田はこの試合がボルトンでのデビュー戦。初先発でフル出場。後半ロスタイムの逆転ゴールのアシストのおまけまでつきました。左サイドからのクロスを頭でそらすと、右で待っていたメキシコ代表ボルヘッティに上手くつながり、決勝ゴールになりました。

しかし内容はというとやや疑問符がつくように思います。初めてのリーグ、初めてのチームで、まだ自分の居場所を見出せていない様子。まあプレミアリーグというのはまた特殊なサッカーをするリーグなので、仕方が無いことだとは思いますが、やや消極的であったような気もします。

今彼に必要なのは、少しでも多く試合に出て、新しい環境に慣れることというのもありますが、プレミアの選手たちが持っていないもの、中田英がボルトンにプラスできるものをもっとアピールすることだと思います。

あの運動量、思い切りの良いパスなど、もっと押し出して行って、彼がここボルトンで再び輝いてくれることを期待しています。

マッカ、ミドルスブラで初ゴール

マッシモ・マッカローネがミドルスブラで初めての先発出場、初ゴールを決めました!

結局彼のゴールが決勝点となり、アーセナルを2-1と破っています。おめでとう、マッカ!

W杯欧州予選試合結果

シエナと関係ありそうなW杯欧州予選試合結果

グループ2
アルバニア 2-1 カザフスタン FT 
・決勝点の2点目は我らがシエナのエルヨン・ボグダニのゴールです。このグループはウクライナの首位が確定。アンドリー・シュフチェンコ、W杯初出場決定です!

グループ6
アイスランド 1-3 クロアチア FT
・テュドルのクロアチアはただいまグループ6首位。1ポイント差の2位スウェーデンと一騎打ちの様相。テュドルはシエナ在籍選手の中で唯一W杯に出場できそうです。

グループ5
スコットランド 1-1 イタリア FT
スロヴェニア 2-3 ノルウェー FT

・シエナに現役イタリア代表はいませんが、一応セリエファンとしてイタリアの活躍は期待しています。しかしまたヴィエリなんかがチャンスを決めきれず、不甲斐ない結果に終わってしまいました。T.A.フロー(代表は引退)のノルウェーが1ポイント差まで詰め寄って来ています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。