A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACシエナ観戦記 (04-05 / Giornata 31゜-32゜)  ~49~

前回は得点の臭いのしないゲームに我らがバンディエラ・キエーザがついに登場し、最初のタッチで右サイドのアウベルトへとボールを送り出したところまででした。

キエーザのパスを受けて、アウベルトは右サイドを駆け上がっていきます。ローマのゴール前はがらがら。そこへアウベルトに速度を合わせながら、キエーザ、マッカローネも詰め掛けます。誰が見ても、やばい!という状況です。オリンピコが失点の恐怖に凍りつきます。

アウベルトはローマのゴール前を落ち着いて確認し、狙い定めて中央へグラウンダーのボールを流し込みます。このボールはマークを引き連れてゴール前に飛び込んできたキエーザにはわずかに合いません。しかし一瞬遅れてファーポスト側に詰めてきたフリーのマッカローネにぴたりと届き、マッカはこれをただ合わせるだけでゴールイン。

ああっ、とスタジアムに落胆のため息が響き渡ります。4万人のため息。その後に沸き返る怒号。

私の周囲のS席のロマニスタたちも、全員が立ち上がり失態をさらしたローマに対し声の限りに怒鳴り散らしています。「何やってるんだ、この間抜けども!」ってなもんでしょうか。それともゴールを奪ったシエナの選手への口撃か、審判に文句をつけているのか・・・。

その中で、ここから反対側に陣取るほんの数百人ほどのセネーゼ(シエナ人)たちだけが狂喜乱舞しています。その声はロマニスタたちの声に掻き消されて全く聞こえませんが、白と黒の旗が盛大に振られ、セネーゼたちの喜びようが見て取れます。シエナの選手たちは彼らの元に駆け寄り、声援と祝福に応えます。

一方私は、あまりにもやすやすと生まれてしまったゴールに何だか呆気に取られてしまいました。

ローマの攻撃には得点の臭いが感じられません。もしローマがこの後もシエナから得点できないのなら、シエナはもう1点取っているのだから、この試合はシエナが勝ってしまうということになります。そうすると私はシエナがミラン、ローマに連勝する瞬間の目撃者になるのでしょうか。そんな旨い話、あっていいんですか?嘘でしょう・・・。

私はこみ上げてくる喜びを抑えて(まわりは絶叫し、椅子を蹴りまくっているロマニスタばかりです)、まるで自分もローマの失点に落胆しているかのような、神妙な面持ちでゲームを見つめていました・・・・・

続きはまた次回!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。