A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速報 ミラン 3-1 シエナ

セリエA第2節
ミラン 3-1 シエナ FT

1-0 15'アンブロジーニ
2-0 31'シェフチェンコ
2-1 45'テュドル
3-1 81'カカー

ミラン
GK:ヂダ
DF:スタム(52'カフー) ネスタ マルディーニ セルジーニョ
MF:アンブロジーニ ピルロ セードルフ(67'ガットゥーゾ) ルイコスタ(72'カカー)
FW:ジラルディーノ シェフチェンコ

シエナ
GK:ミランテ
DF:ネグロ コロンネーゼ(63'マラッツィーナ) レグロッターリエ ポルタノーヴァ
MF:アウベルト(75'フォーリョ) テュドル ヴェルガッソーラ ロカテッリ(50'ファルシーニ)
FW:キエーザ ボグダニ

前半:シェフチェンコとスタムに右サイドをいいように使われてしまいました。1点目はシェヴァのスピードにポルタノーヴァが振り切られて余裕でプルバックを入れられて、アンブロジーニのゴール。
2点目はシェヴァの腰の捻りで叩き込んだ痛烈なシュート。母国ウクライナのW杯初出場を決め、ノリにノッています。ポルタノーヴァの左SBというプランは、今のところ失策。後半は何か手を打って欲しいものです。
コーナーキックからテュドルが1点返して前半終了。同じくコーナーキックからボグダニのパンチのあるヘディング(ヂダの体に当たりノーゴール)もあり、セットプレーは望みあり。

後半:ピンチも減りましたがチャンスも減りました。収穫はミランテがこれがセリエA初シーズンだとは思えないほど良いということ。
コロンネーゼを外してマラッツィーナを投入し、3バックにして勝負に出ますが逆に途中投入のカカーに真ん中を破られ3点目、勝負あり。
シエナはやはりキエーザにかかる負担が大きすぎるようです。ボールの収まりどころがアウベルト以外無いというのは厳しい。センターライン手前からペナルティエリア近辺までのボールの運び手が欲しいところです。
まあ相手が相手なのでこの敗戦はさっさと忘れましょう。次節のホーム・パレルモ戦に向け良い準備ができることを期待します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。