A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デ=ルーカ会長、デ=カーニオ監督他のコメント

パオロ・デ=ルーカ会長
「パレルモは予想以上に強力なチームだった。しかし我々は良く戦ったし、勝っていたとしてもおかしくはなかった。アスコリ戦のことを考えよう。すぐに次の試合だ。まず平静を取り戻すことが先決だ」

ルイジ・デ=カーニオ監督
「パレルモは我々より上回っていた。パレルモの戦力はうらやましいようなレベルにある。(グロッソたち)ディフェンダーは実力的にも代表レベルだ。我々は闘争心と信念を持ってプレーした。残念ながらコンディションがまだ万全ではない。今一番の問題はフィジカルコンディションにあるんだ。
コリーニのハンド?私には分からない。主審の判断を受け入れるだけだ」

アウベルト
「(ハンドは)俺には故意に見えたね」

トマス・ロカテッリ
「完全ではなかったが、日に日に状態は良くなって来ている。今のコンディションなら、攻撃だけでなく守備に戻っても貢献できる。ゴール?ああ、良いゴールだったけど、結果にはつながらなかったね。今はもう次のアスコリ戦のことを考えるべきだね」

ジャンルカ・ファルシーニ
「ハーフタイムまでは良い試合だったけど、その後攻撃に切れが無くなったね。自分自身のコンディションの悪さを感じたよ。早く良い状態にしないとね。残念ながら試合結果の通りさ。パレルモに賞賛の言葉を贈るよ。組織的で、本当にうらやましいほどのプレーをしていた」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。