A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパレスタ氏、ローマデルビーを救う

昨日のローマデルビーで、またもや観客席から物が投げ込まれ、主審のジャンルカ・パパレスタ氏の顔面に命中、軽症を負わせるという事件が起こりました。

このシーンを見て、多くの方が昨年9月の欧州CLグループリーグ、ローマ×ディナモキエフ戦で、観客席からの投下物により主審のフリスク氏が負傷、流血した時のことを思い出されたかと思います。この時は試合は没収、ローマの0-3の敗戦と認定されました。

この試合を知っている方は、まさかまた没収試合か?と危惧されたのではないでしょうか?私もその1人です。

しかし、パパレスタ氏は自分の傷が重いものではないことを確認すると、まるで何事もなかったかのように試合を再開、デルビーを最後まで遂行させました。

以前にもスタジアム付近で子供が死亡したなどというデマにより、中止となったこともあったローマデルビー。パパレスタ氏も自分の身の安全を考えるなら、ここで試合を没収させてしまっても良かったのですが、彼はそうはしませんでした。

イタリアカルチョに関わる者として、そしてデルビーを任されたジャッジとして、この試合を成立させなければいけないという責任感と、それを遂行する勇気をパパレスタ氏は見せてくれました。

90分を戦い、今回のデルビーは1-1のドローに終わりました。この試合のMVPは先制点を挙げたトッティか、それとも同点弾を決めたロッキということになるのでしょうか。しかし、この試合を最後まで体を張ってジャッジし続けたパパレスタさん、私はあなたに影のMVPを贈りたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ricciarelli.blog27.fc2.com/tb.php/326-d5c8f21e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。