A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでのSIENA・3

この頃にはなかば降格を覚悟していましたが、05年1月のメルカートで、デ=ルーカはシエナに次々と強力な戦力を呼びよせました。
イゴール・テュドル、マッシモ・マッカローネ、アウベルト、フランチェスコ・コッツァ・・・などといった所属クラブで日の目を見ていなかった実力者たちが集まり、シエナはやっとまともなセリエAのクラブと呼べる陣容になりました。
ジジ・シモーニも解任され、新たな指揮官としてルイジ・デ=カーニオが招聘されました。
これで戦力は整いましたが、つまらないミスや不可解な判定などに泣かされ、勝ちきれない日々が続きます。やはりシエナの残留は厳しいか・・・と、この時点では思わざるをえませんでした。
しかし、31、32節のミラン、ローマ戦の連勝により、事態は一変します。これで波に乗ったシエナは、その後も苦しみながらではありますが、最後の最後、38節のアタランタ戦で長年シエナを支えてきたベテラン、ステファノ・アルジッリのゴールにより2回目の残留を勝ち取りました。

その後資金不足の問題などが浮上するも、それも無事解決し、3回目のセリエAへの参加が決定されています。
次回はこの夏のシエナの移籍市場での動きなどをまとめてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ricciarelli.blog27.fc2.com/tb.php/246-b6e057a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。