A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACシエナ観戦記 (04-05 / Giornata 31゜-32゜)  ~16~

前回はシエナのグッズショップ「ソーニョ・シエナ」で、日本人女性の店員さんとシエナについて語らった思い出についてでした。

彼女はどうやらイタリアで生まれたか、幼い頃からイタリアにいるのか、そのような印象を受けました。ユニフォームのことを、「マーリア」と言っていたのが印象深いです。

フローのマーリアが欲しいと言うと、滞在はいつまでですか?と尋ねられました。明日にはローマに移動して、木曜には日本に帰りますと言うと、彼女は困った顔をして、それだと背番号が間に合いません・・・と言いました。

何でも背番号つきは注文してからプレスに出して(どうやらシエナにはプレス機はないらしい)、出来上がりは1週間後なんだそうです。仕方がないので背番号は入れずに、日本に帰ってからプレスに出すことに。

ここで念のため、カードは使えますか?と聞いてみました。するとなんと、使えませんとの返答が。

えええ!買える物はマ○○ーカードでのマ○○ーカードでも!?彼女が言うには、使用できるのはAMEXカードだけとのこと。現金いくら持ってたっけ・・・?

皆さん覚えていらっしゃいますか?私はトラベラーズチェックが用意できず、そこそこの現金とあとはカードで買い物を済ますつもりでイタリアにやってきました。しかしいきなりここで現金をごっそり持っていかれる羽目に陥ってしまったのです。

現金を全額持ち歩くような馬鹿な真似は流石にしていませんので、手持ちはその一部だけ。確かめてみると80ユーロほどでした。

ユニフォームが64ユーロで、あと8ユーロのペナントと、2ユーロのストラップを買って合計74ユーロ。手持ちの小銭と合わせてぴったり支払うと、わあすごい、と喜ばれました。よく分からなかったのですが、どうやら暗算ができることに驚いたみたいです。

思わぬ誤算はありましたが、目当てのものは購入できたし、何より楽しい時間を過ごせました。彼女にお礼を言って店を出て、再び町に戻ります。

これが確か昼過ぎだったのですが、昨日はのんきだったシエナの町のムードが、今日はちょっと違うことに気づきます。
なんだか町のところどころに人だかりができています。しかもちょっとピリピリした感じ。ミランが来るからだな、とすぐに感づきます。

もっと言えば、この日は午前中からなにか町の中に緊張が張り詰めていて、やはり特別な日だということを町全体が感じている雰囲気がありました。

きっと私と同じです。恐るべき強敵・ミランに自分たちのシエナが蹂躙されるかもしれないことへの怯え、そして万が一でもいいから勝ってくれないかな、せめて引き分けでもいいから・・・という祈り。そういったものが町中の人々の胸に宿って、渦巻いているのです。みんな別のことを話していても、頭はもうすぐ始まる試合のことでいっぱいなのです。

ああ、やっぱりイタリアカルチョは良いな・・・と私は思いました。そして、これだけの人の思いがあるのだから、今日のゲームはシエナが勝つんじゃないだろうか・・・と、なぜかそんな気がしてきたことを覚えています。これが本当の、ホームゲームというものなんだなと私は実感しました。

試合まではもう少し時間があります。
次回は試合前に見学したプッブリコ宮の美術館のことを。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ricciarelli.blog27.fc2.com/tb.php/145-787d1129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。