A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACシエナ観戦記 (04-05 / Giornata 31゜-32゜)  ~18~

前回はシエナの美術館を見学していたら、試合時間を勘違いしていたことに気づき慌ててスタジアムへ駆け出したところまででした。

カンポ広場からアルテミオ・フランキはものの5分とかからないので、早足で歩いて十分開始には間に合いました。昨日下見をしておいたので、自分が入場すべき入り口は分かっています。
スタジアム周辺はすごい人だかりです。私はシエナのバックスタンドへの入り口・・・・・を通り過ぎてミラン側自由席の入り口へと向かいます・・・えっ?ミラン側?

そうです。なんとこの試合、シエナ側のチケットは入手できず、私はミラン側の席にしか入れなかったのです。なんでもただでさえ小さいアルテミオ・フランキは、ほとんどの席が年間予約で売約済みで、シエナ側チケットというのはまったく手に入らないのだそうです。
今回の旅行の手配をお願いした「オリジナル観戦ツアーをつくろう」さんをもってしても不可能なものは不可能、ミラン側の席しか手に入らなかったのです。

このことを知った時、それって大丈夫なんですか?とかなりビビりながら聞いてみたのですが、大人しくしていれば大丈夫なはずとのお返事でした。ミランファンは比較的安全だから、危害を加えられるようなことはないだろうとのこと。
ただし、ローマ戦は安全の保証がないので、中立席のサイドライン側の席を取った方がいいでしょうということでした。大丈夫、言われなくても元からそのつもりです。

入り口の検問に向かいながら、私は時間をよく確かめなかったことを後悔していました。
私は一旦ホテルに帰って購入したシエナグッズを全て置いてから出直すつもりだったのです。しかし時間を勘違いしていたためにその時間はなくなってしまいました。私はこんなブツを持ったまま、物騒なミラニスタの真っ只中に乗り込まなくてはいけなくなってしまったのでした。

検問で警官が荷物の中を見せなさいと要求してきます。大丈夫、この人はシエナの警官のはず、と自分に言い聞かせて私は無言で手提げ鞄(口が閉まらない)を差し出します。

買って来たばかりのシエナグッズの包みを見て、警官が「何だこいつ・・・?」みたいな顔で私の顔を見つめます。いや、俺もこうなるつもりじゃなかったんだって・・・!という顔で見つめ返します。伝わっただろうか・・・?

問題はないので警官は私をスタンドの入り口へ通します。グッズの上にタオルなんかを乗せて隠して、その上で手提げ紐に肩を通して袋の口を脇できっちりガードします。この脇が甘くなったら私は殺られます・・・・・。

覚悟を決めてすでにスタンドを埋め尽くしているミラニスタの中へ、私は乗り込んでいきました。

続きはまた次回!
スポンサーサイト

コメント

この間は、教えてくださりありがとうございました。自分はイタリア料理店でバイトしてるんですけど、偶然にもその日にリチャレッリを食べることができました。やっぱりおいしかったな~

  • 2005/08/25(木) 03:42:00 |
  • URL |
  • ジーノ・マンニ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

おお!それはラッキーですね!
あれは美味しいですよね~。
どうやったらあんな風に焼けるんでしょう。
ああまた食べたくなってしまった。あのサイトで買ってみようかなあ・・・。

  • 2005/08/25(木) 05:23:01 |
  • URL |
  • リッチャレッリ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ricciarelli.blog27.fc2.com/tb.php/133-d00aa464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。