A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速報 トレヴィーゾ×シエナ

セリエA第10節
トレヴィーゾ 0-1 シエナ FT
(ガゼッタ.itの“Tempo Reale”でテキストライブやってます。ただし、イタリア語)

Gol:
0-1 45' キエーザ

Ammoniti:
シエナ:73'ファルシーニ
トレヴィーゾ:65'ドッセーナ 89'ベゲット

シエナ(3-4-1-2)
GK:ミランテ
DF:コロンネーゼ(26'ポルタノーヴァ) テュドル レグロッターリエ
MF:アウベルト ダヴェルサ ヴェルガッソーラ ファルシーニ ロカテッリ(67'パーロ)
FW:ボグダニ キエーザ

トレヴィーゾ(3-5-2)
GK:ザンコペ
DF:デッラフィオーレ コッタファーヴァ(58'レジナウド) グスターヴォ
MF:A.フィリッピーニ(69'キアッパーラ) ガッロ パッラヴィチーニ E.フィリッピーニ ドッセーナ(71'ジウリアット)
FW:バゲット ファーヴァ

コロンネーゼが前半26分に負傷退場。怪我の具合が気になるところです。
試合はキエーザのゴールで勝利。シエナが終始優勢だった模様です。シエナはこれで暫定順位を11位まで上げました。

(Tempo Realeを筆者がもの凄く適当に翻訳しています。読みたい方は【続きを読む】へどうぞ)

【“速報 トレヴィーゾ×シエナ”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

速報 ヴォレレンガ優勝なるか?

ノルウェー国内リーグ最終節
オド・グレンラント 2-2 ヴォレレンガ FT
スタルト 1-3 フレデリクスタ FT


ここでテキストライブやってます。ただし、ノルウェー語)

順位表
1位 ヴォレレンガ (46pt./+13)
2位 スタルト (45pt./+12)

トーレ・アンドレ・フローの所属するヴォレレンガは、現在国内リーグ最終節のオド・グレンラント戦に引き分け。同勝ち点で首位に立っていたスタルトがこの日敗れたため、逆転での国内リーグ優勝が決まりました!

リーグ戦の最後の5試合を勝ちなし、2分3敗で終えるというまるで残留争いのような幕引きですが・・・結果が良ければ良いんです!

これで来期はおそらく、欧州CLの予備予選3回戦からの出場となります。おめでとうヴォレレンガ!おめでとうフロー!

・・・ただし、この試合フローはベンチ入りもしていませんでしたが・・・。来期に期待しているよ、フロー。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

トレヴィーゾ×シエナ 予想スターティングメンバー

ガゼッタ.itによる明日のトレヴィーゾ×シエナ戦の予想スターティングメンバーは以下の通りです。

シエナ(3-4-1-2)
GK:ミランテ
DF:ネグロ テュドル レグロッターリエ
MF:アウベルト ダヴェルサ ヴェルガッソーラ ファルシーニ ロカテッリ
FW:ボグダニ キエーザ

トレヴィーゾ(5-3-2)
GK:ザンコペ
DF:ヴァルデス コッタファーヴァ グスターヴォ A.フィリッピーニ ガッロ
MF:パッラヴィチーニ E.フィリッピーニ ドッセーナ
FW:バゲット ファーヴァ

シエナの予想スタメンは、実はヴィオラ戦のものと一緒。でも今回は本当にこのメンバーが出てくるものと思われます。

トレヴィーゾには、シエナではとうとう一度も出場することなく去っていったGK、アドリアーノ・ザンコペがいます。今回が動くザンコペを見られる初めての機会になりそうです(といってもハイライトでですが)。彼には申し訳ないですが、それがシエナの得点シーンであることを願います。

トレヴィーゾ戦の招集メンバーは以下。内転筋炎症のマラッツィーナ、左足(昨日は右足と発表されていましたが、今日は左に。どっちが正しいのか分かりません)ふくらはぎ故障のフォーリョ、復帰はしたもののまだ状態が完全ではないミニャーニ、ヴォルパートがメンバーから外れています。

Alberto
Bachini
Bogdani
Chiesa
Colonnese
D’Aversa
Falsini
Fortin
Gastaldello
Legrottaglie
Locatelli
Mirante
Molinaro
Nanni
Negro
Paro
Portanova
Tudor
Vergassola

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

テュドル、ポルトガルとの親善試合に召集

シエナの擁する2人の代表選手のうちの1人、イゴール・テュドルが、11月12日に行われるポルトガル×クロアチアの親善試合に召集されました。この試合はポルトガルはコインブラで行われます。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

フォーリョ、ふくらはぎに故障

パオロ・フォーリョが右足ふくらはぎに故障発生。トレヴィーゾ戦への出場は難しそうです。
フォーリョはシエナがセリエA初挑戦となった03-04シーズンから加入。出場機会はあまり多くはありませんが、サイドの貴重なバックアッパーとして貢献してくれていました。

内転筋炎症のマッシモ・マラッツィーナは依然療養中。復帰は来週火曜日になる模様です。

このブログについて

昨日は致命的な誤訳を犯してしまい、ご覧になってくださった皆様には大変失礼をいたしました。

今回の件を受けまして、今後のこのブログのスタンスと言うものを改めて考えてみました。

現在のようにシエナの情報をイタリア語で収集するということを始めたのは、「日本語になるシエナの情報があまりにも少ない」という実情があってのことであります。
欠場者が出ても理由が分からない、ゴールが決まってもどんなゴールか分からない・・・そういった中で、機械翻訳や辞書を頼りになんとか公式HPの記事を解読していました。

おかげで今ではこの程度までは読めるようになりました。しかし、やはり自分のイタリア語はまだまだ貧弱、今回のような最低限の事実関係まで取り違えると言うのは、自分自身でもショックです。

そこで今後どうするか。翻訳は一切止めるか、続けるかと言うことを考えました。

結論としましては、これからもこのスタンスで続けていこうと思います。

それは、まだまだ日本ではシエナの情報も少ない、試合の放送も減少している今、もし自分が今もイタリア語を全く理解できないような状態なら、シエナに関してこのような情報ページがあることは、無いよりも数倍ましなことだと思うからです。
翻訳の精度に関しては、今後一層学習に励んで、より正確なものをお届けできるように努力しますと言うより他ありません。

それでも当ブログに関して納得の行かないことがあるという方は、遠慮なくおっしゃってください。そういう方が多数いらっしゃられるのであれば、またあり方を考え直します。

シエナファンの皆様、まだ興味を持たれたばかりの皆様、もしかしたら名前もご存じない皆様、いろいろな方がいらっしゃると思います。少しでも皆様にシエナの魅力をお伝えできますよう、今後も努力いたしますので、どうぞよろしくお願いします。

  管理人:リッチャレッリ

記事内容に誤りがありました

絶対にやってはいけない過ちをしてしまいました。

デ=ルーカ会長の車を包囲し、襲ったのは「シエナサポーター」ではなく、「フィオレンティーナサポーター」でありました。

こちら
にコメントをお寄せいただいたシエナサポーター様からのご指摘により気づきました。まったくもってお恥ずかしい限りです。

シエナサポーター様、ご指摘誠にありがとうございました。
事実関係の間違いだけはするまいと心がけてはいたのですが、今回このような事態になってしまいました。訂正して、心よりお詫びいたします。

該当記事をすでにご覧になられた皆様、事実は上記の通りですので、どうぞ再度ご確認くださるようお願いいたします。

最後にもう一度、不愉快な思いをされたでしょう皆様、本当にすいませんでした。

  管理人:リッチャレッリ

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

トレヴィーゾ戦の主審にベルゴンツィ氏

セリエA第10節、トレヴィーゾ×シエナ戦の主審はマウロ・ベルゴンツィ氏に決定されました。
ジェノヴァ出身、34歳、保険外交員をなさっています。

これまでセリエAで7試合、Bで50試合、C1で41、C2で25を担当されています。
シエナの試合は4試合を担当。Aで1、Bで2、C1で1試合。3勝1分けだそうです。
トレヴィーゾの試合はBとC併せて10試合、5勝2敗3分とのこと。

副審にはロマッニョーリ氏、ヴィアッツィ氏。第4審判はデ=マルコ氏が担当されます。

続報 シエナ×フィオレンティーナ

フォトギャラリー(シエナ公式HPより)

ガゼッタ.itの採点(ページ右上の“Pagella”をクリック)
シエナ(3-4-1-2)

GK:ミランテ-5.5
DF:ネグロ-5 テュドル-5 レグロッターリエ-6
MF:アウベルト-5 ダヴェルサ-6 ヴェルガッソーラ-6.5 ファルシーニ-6.5 パーロ-6(50'ロカテッリ-5.5)
FW:ボグダニ-5 ナンニ-6.5(69'キエーザ-6)

監督・選手コメント(シエナ公式HPより)
(筆者による翻訳・訳は怪しいのであまり信じないでください)
ルイジ・デ=カーニオ監督
「なぜキエーザとロカテッリを先発で使わなかったかって?この前の日曜にゲームがあって、次の日曜にもゲームがあるんだ。ひとつのチームは20人の選手で構成されている。監督は誰をプレーさせるかを選ばなくてはいけない。1人やそこらの選手に依存してはいけないんだ。
いきなりのゴールでフィオレンティーナに希望を与えてしまった。我々もすぐに建て直しを図ったんだが、フレイの素晴らしいセーブにやられてしまった。同点にできていればまた展開も違っただろう。後半は良く戦っていたよ」

ニコーラ・レグロッターリエ

「週末にゲームが控えているのに、いきなり失点してしまって足が止まってしまった。でも言い訳にはならない。同点にするために90分時間があった訳だから。2本のシュートで2点を決められてしまったね。
次の日曜のことを考えなくてはいけない。申し訳ない気持ちで一杯だ。このゲームはフィジカル的にも1週間準備する時間があったのだから。ティフォージのためにも、シエナの町のためにも、次の試合まで体調を維持するよ。
フィオレンティーナは素晴らしいチームだけど、僕らは怖れなかった。とても冷静に戦えたよ。
チームの状態は良い。僕自身も今までここまで好調だったことはなかった。フィジカルトレーナー(ヴェントローネ氏)にお礼を言いたい」

ロベルト・ダヴェルサ

「悔しい敗戦だね。前半は良いプレーが出来ていた。フィオレンティーナは1トップ、1トレクワルティスタの布陣で、開始1分のゴールでゲームは決まってしまったね。今日の決め手は、フレイがとんでもなく良かったこと、ヨルゲンセンがポストの内側を叩いたシュートのこぼれがトニの足元に行ってしまったこと。今日の僕たちはちょっと運が無かったね」

ジャンルカ・ファルシーニ

「今日は僕にとっては良いゲームだった。コンディションはとても良かったんだ。でもチーム全員の不注意と、審判の行いのせいでチームにとっては良いゲームにならなかった。
シエナは今夜も良いサッカーをしていた。特に前半は。
この試合は十分準備をして望めたんだが、最初のゴールで決まってしまった。僕たちはもっと注意深くならないと・・・」

フェデリコ・フェリーチ・ジュンキ理事
「前半は良かった。試合の4分の3、追加点を入れられるまでの時間は良いプレーをしていたよ。
実際にゴールチャンスもあった。前半はコチラの方が上回っていたけれど、フィオレンティーナにはフレイがいたね。
順位は下がったけど、我々は落ち着いているよ。
日曜は簡単なゲームじゃないね。トレヴィーゾは今夜アウェイで勝利を収めた。でもいつも言ってるけどうちだってアウェイには強いんだ」

キエーザ、ティフォージに感謝を述べる

昨夜のフィオレンティーナ戦ではセリエA現役選手の最多得点者に輝いたエンリコ・キエーザを称えて、スタンドに巨大なヌーメロ・ディエーチ=背番号10のユニフォームが掲げられました。ティフォージからの祝福にキエーザが感謝の辞を述べています。

エンリコ・キエーザ
「(フィオレンティーナ戦で)スタンドに掲げられた巨大なユニフォームにはただただ感動させられたよ。予想もしていなかったけど、本当に嬉しい驚きだった。
こんな素晴らしいプレゼントで僕を称えてくれたティフォージに、感謝を述べたい。彼らの愛情と敬意に、これからもたくさんのゴールで応えたい。昨夜試合に負けてしまったことは非常に残念だ。さらにチームが団結して、我々の目標を見失わずに、全員でそれを達成することを目指すよ」

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

マラッツィーナ、依然休養中

内転筋炎症でチームから離脱したマッシモ・マラッツィーナは、依然休養中です。日曜のトレヴィーゾ戦にも間に合わない模様。

チームは昨日のフィオレンティーナ戦の疲労をほぐすメニューを消化。
中3日で行われる次節トレヴィーゾ戦に備えます。
ちなみにこの試合はキエーザ、ロカテッリが先発に復帰するだろうと予想されています。

トスカーナデルビーから一夜明けて

当記事の内容は誤りであり、デ=ルーカ会長の車を包囲したのは正しくは「フィオレンティーナサポーター」でした。

あってはいけない過ちを犯してしまいました。この件で不快な思いをされたでしょう皆様に、心より謝罪をいたします。申し訳ありませんでした。

  管理人:リッチャレッリ

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

デ=ルーカ会長の車が襲われる

当記事の内容は誤りであり、デ=ルーカ会長の車を包囲したのは正しくは「フィオレンティーナサポーター」でした。

あってはいけない過ちを犯してしまいました。この件で不快な思いをされたでしょう皆様に、心より謝罪をいたします。申し訳ありませんでした。

  管理人:リッチャレッリ

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

速報 シエナ×フィオレンティーナ

セリエA第9節
シエナ 0-2 フィオレンティーナ FT

Gol:
0-1 2' トニ
0-2 67' トニ

Ammoniti:
シエナ:4'パーロ 44'ナンニ 87'キエーザ
フィオレンティーナ:86'ダイネッリ

シエナ(3-4-1-2)

GK:ミランテ
DF:ネグロ テュドル レグロッターリエ
MF:アウベルト ダヴェルサ ヴェルガッソーラ ファルシーニ パーロ(50'ロカテッリ)
FW:ボグダニ ナンニ(69'キエーザ)

フィオレンティーナ(4-4-1-1)
GK:フレイ
DF:ウイファルシ ディ=ロレート ダイネッリ パスクアル
MF:ブロッキ ドナデル パツィエンツァ ヨルゲンセン フィオーレ(83'ギグー)
FW:トニ

キエーザ、ロカテッリをベンチに置き、半ばこの試合を放棄して週末に備えたデ=カーニオ
試合は開始2分にいきなり現在得点王のトニに頭で決められ、67分にはヨルゲンセンのシュートのこぼれをまたもやトニに押し込まれました。

後半にキエーザ、ロカテッリを投入するも、結局このまま0-2で試合終了。開幕から続いていた連続得点記録も途絶えました。

これでローマ、アスコリに抜かれ14位まで後退。
週末は絶対に勝ってこの分を取り戻してもらうしかないですね。

トスカーナデルビーを期待してスタジアムまで足を運んだファンはさぞやがっかりしたことでしょう。金返せ!ってとこでしょうね。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

元ヴィオラ、元シエナ在籍者

今回の対戦の元ヴィオラ、元シエナ在籍者は全部で5人。

まず選手では、シエナのエンリコ・キエーザ、そしてヴィオラのクリスティアン・セバスティアン・セハスジャンニ・ビスマルク・マルティネス・ギグーの3人。

公式には、エンリコ・キエーザは1988-89シーズンにサンプドリアでセリエAデビューを果たし・・・と、ヴィオラへ辿り着くまでの我らがボンバーのヒストリーを書き連ねているのですが、すいませんがここではちょっと割愛いたします(気になる方は公式のここなんかをご覧ください)。
問題のヴィオラでは1999-2000から、2001-02までの3シーズンに在籍、59試合に出場して34得点を挙げました。

一方、現在はヴィオラに在籍するジャンニ・ビスマルク・マルティネス・ギグーは、シエナのセリエA初年度となった2003-04シーズンにローマからレンタルで加入、32試合で1得点を挙げました。

ゴールキーパーのクリスティアン・セバスティアン・セハスは01-02シーズンの冬にシエナに加入、半年間で17試合に出場、9失点とのこと。ちなみにヴィオラ加入後は46試合で48失点だそうです。

そしてシエナのスタッフに元ヴィオラ在籍者が2名いらっしゃいます。
マッサージャーのルチアーノ・ダーティさんと、リハビリテイターのアルベルト・アンドルリーニさんのお2人です。それぞれ、10年、7年という年月をヴィオラで過ごされたそうです。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

対フィオレンティーナ通算対戦成績

シエナフィオレンティーナはこれまでに6試合を戦い、キレイに2勝2敗2引き分けとなっています。

昨季2004-05シーズンにセリエAで、1938-39にセリエBで、1945-46にはセリエAB・中央南(というカテゴリーがあったのでしょうか・・・?)で、それぞれホームアンドアウェイの2戦ずつを行っています。

シエナの勝利は38-39シーズンの3-0、04-05シーズンの1-0の2回。
ヴィオラの勝利は38-39シーズンの4-0、45-46シーズンの5-0の2回。
ドローは45-46シーズンの1-1、04-05シーズンの0-0の2回です。

45-46シーズンのドローの試合の得点は、シエナがウリヴィエリ(以前中田のがいたパルマを率いていたウリヴィエリさん?)で、フィオレンティーナはメンティのものだそうです。

シエナ公式には1-0で勝利した前回の試合の模様が誇らしげに書き立てられています。曰く、

「前回の対戦では試合開始わずか6分のトーレ・アンドレ・フローのヘディングによってシエナが先制。これでシエナ優位かと思いきや、前半35分にパスクアレアリアッティへのファウルで退場。55分間の数的不利を強いられましたが、これが結果に影響を及ぼすことはなく、然るべき勝利をシエナが挙げました」

とのことです。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

サンプ×シエナをハイライトで確認

たった今、日曜のサンプ×シエナ戦をスカパーの「セリエAハイライト」で確認しました。

私のイタリア語は非常に怪しいものなので、ハイライトを見るときは速報の翻訳が合っているかどうかどきどきします。

おおむね合っていたのですが、シエナの逆転弾のアシストをしたバキーニのプレーは、「右サイドから」ではなく、「右足から」のパスでした。ピッチ中央でスラロームのドリブルから、ヴェルガッソーラへスルーパス。鮮やかでした。

シエナが取られた2本のPKは、かなり灰色のものでした。あれで勝ち点2を取り上げられてはたまりません。

それにしても取って取られて、熱い試合だったようです。返す返すもこの試合は90分まるまる見てみたかったですねえ・・・!

シエナ×フィオレンティーナ予想スターティングメンバー

中2日の休養を経て、早くも開催される明日のシエナ×フィオレンティーナ戦ですが、やる方も大変でしょうが見る方もあっぷあっぷです。ガゼッタ.itによるこの試合の予想スターティングメンバーは、以下の通りです。

シエナ(3-4-1-2)
GK:ミランテ
DF:ネグロ テュドル レグロッターリエ
MF:アウベルト ダヴェルサ ヴェルガッソーラ ファルシーニ ロカテッリ
FW:ボグダニ キエーザ

フィオレンティーナ(4-4-1-1)
GK:フレイ
DF:ウイファルシ ディ=ロレート ダイネッリ パスクアル
MF:ブロッキ ドナデル パツィエンツァ ヨルゲンセン フィオーレ
FW:トニ

同じトスカーナ州に属するシエナとフィレンツェは、距離的にも非常に近く、歴史的にも何度も攻め込んだり攻め込まれたりしたという、大変因縁深い間柄です。そのためこのトスカーナデルビーに賭ける両者の意地というのも、並外れたものがあります。

私は4月にシエナを訪問した際に、立ち寄ったフィレンツェでは嫌な思い出があり(観戦記のこの辺りにその辺の経緯があります)、個人的にも絶対に負けて欲しくない一戦であります。

シエナのデ=カーニオ監督は前節あまり機能しなかった4バックから3バックへと戻すつもりのようです。が、ヴィオラは1トップで来るらしく、これがどのような噛み合わせになるか微妙に不安です。

それでも一番結果を出しているシステムはこの3-4-1-2なのですから、それで真正面から挑むのがベストなのではないかと私は思います。

この試合の招集メンバー21名は以下の通りです。

Alberto
Bachini
Bogdani
Chiesa
Colonnese
D’Aversa
Falsini
Foglio
Fortin
Gastaldello
Legrottaglie
Locatelli
Mirante
Molinaro
Nanni
Negro
Paro
Portanova
Tudor
Vergassola
Volpato

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

続報 サンプドリア×シエナ

セリエA第8節
サンプドリア 3-3 シエナ

フォトギャラリー

シエナ(4-3-1-2)
GK:ミランテ-7
DF:ネグロ-5 レグロッターリエ-5 ポルタノーヴァ-5(46'アウベルト-6.5) ファルシーニ-6
MF:ダヴェルサ-6 テュドル-7 ヴェルガッソーラ-6.5 ロカテッリ-6(77'バキーニ-7)
FW:ボグダニ-6.5 キエーザ-6.5(90'コロンネーゼ-s.v.)

デ=カーニオ監督
「野心的な敵を相手に、我々のバイタリティを証明できた。サンプドリアはよく鍛えられていて、どれだけ強いかは知っている。全体的に良い試合が出来たけれど、ブルーチェルキアーティ(=サンプ)にミスを巧く突かれてしまった。今日のゲームは最初はテュドルをディフェンスラインの前に置いてみたんだが、練習が足りなかったようだ。今日は3失点してしまったが、どれも流れの中からの失点ではないからね。こういう失点は対策の立てようがない」

Gazzetta.it
より

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

フィオレンティーナ戦の主審にデ=サンティス氏

明日のシエナ×フィオレンティーナ戦の主審に、ローマ出身のマッシモ・デ=サンティス氏が任命されました。43歳、ご職業は刑務所の看守です。

過去にセリエAで142試合、Bで99、C1で29、C2で26試合を担当されています。

シエナの試合はAで4回(2勝2分)、Bで1回(負け)、C1で1回(負け)を担当され、計6回、2勝2敗2分となっています。

フィオレンティーナの試合は計14回。Aで12回、Bで2回、7勝2敗5分とのことです。

副審にはカルカーニョ、アルヴィーノ両氏が、第4審判にはプレスケルン氏が任命されています。

ダヴェルサ、ボグダニ、アウベルトはO.K.

本日ロベルト・ダヴェルサが、膝の不調のため別メニュー調整を行いました。

エルヨン・ボグダニはまぶたの軽い炎症のため、早めに練習を切り上げ。アウベルトは発熱で休養を取りました。

しかし3人とも明日のフィオレンティーナ戦には問題なく出場できるようですので、ご心配なく。一方、内転筋炎症のマッシモ・マラッツィーナは今回も召集から外れています。

キエーザ「この記録を大変幸せに思う」

エンリコ・キエーザ(セリエA現役最多得点者となって)
「こんな重要な記録を達成できて、大変幸せに思う。」

「でも今はこの記録を持続することを考えないと。ここで28ゴールを取ることを助けてくれたシエナに感謝するよ。とても良い気分だ。僕はこれからも得点を重ねていきたいし、このチームにゴールと僕のプレーを捧げていきたい。そして僕たちにとって、スクデットと同じぐらい価値のあるセリエA残留を、一刻も早く成し遂げたいね」

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

キエーザ、セリエA現役最多得点者に

我らがバンディエラ、エンリコ・キエーザが、昨日のPKでの1得点でセリエA現役選手の単独最多得点者になりました!

このゴールで現在キエーザのセリエA通算得点は134得点。これまで1位で並んでいたローマのヴィンチェンツォ・モンテッラをかわし、単独首位に立ちました。

この下に続くのは131点のクリスティアン・ヴィエリ、125点のアレッサンドロ・デル=ピエロだそうです。現在、今季セリエAの得点王に立っているルカ・トニなんかは、通算で行けば53得点。キエーザの半分にも及びません。

キエーザに残された時間があとどれだけあるかは分かりませんが、その中で1つでも多くのゴールを見せて欲しいものです。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

パパレスタ氏、ローマデルビーを救う

昨日のローマデルビーで、またもや観客席から物が投げ込まれ、主審のジャンルカ・パパレスタ氏の顔面に命中、軽症を負わせるという事件が起こりました。

このシーンを見て、多くの方が昨年9月の欧州CLグループリーグ、ローマ×ディナモキエフ戦で、観客席からの投下物により主審のフリスク氏が負傷、流血した時のことを思い出されたかと思います。この時は試合は没収、ローマの0-3の敗戦と認定されました。

この試合を知っている方は、まさかまた没収試合か?と危惧されたのではないでしょうか?私もその1人です。

しかし、パパレスタ氏は自分の傷が重いものではないことを確認すると、まるで何事もなかったかのように試合を再開、デルビーを最後まで遂行させました。

以前にもスタジアム付近で子供が死亡したなどというデマにより、中止となったこともあったローマデルビー。パパレスタ氏も自分の身の安全を考えるなら、ここで試合を没収させてしまっても良かったのですが、彼はそうはしませんでした。

イタリアカルチョに関わる者として、そしてデルビーを任されたジャッジとして、この試合を成立させなければいけないという責任感と、それを遂行する勇気をパパレスタ氏は見せてくれました。

90分を戦い、今回のデルビーは1-1のドローに終わりました。この試合のMVPは先制点を挙げたトッティか、それとも同点弾を決めたロッキということになるのでしょうか。しかし、この試合を最後まで体を張ってジャッジし続けたパパレスタさん、私はあなたに影のMVPを贈りたいと思います。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

ヴォレレンガ、またもや2位へ転落

私はシエナファンである以前からトーレ・アンドレ・フローファンだったので、今でも彼の新たなクラブ、ヴォレレンガをチェックしているのですが、そのヴォレレンガが昨日ホームでローゼンボリに0-2で敗北、またもやリーグ2位に転落しました。フローは後半に交替出場しました。

全26節のノルウェー国内リーグはこの試合で25節を終了。残すは今週土曜日の最終節のみです。

しかし首位に立ったスタルトも昨日はドロー。現在両者の勝ち点は45で並び、ヴォレレンガが得失点差で1、後れを取って、2位に甘んじている状態です(ちなみに3位とはこの日勝ち点差4がつき、2位以内は確定しました)。

2位で日程を終えた場合、今季と同じく欧州CLの予備予選2回戦から、1位の場合は3回戦からの参加となり、CL出場のハードルが1つ減ることになります。

ヴォレレンガではCLにでも出てもらわないと日本で見ることは出来ませんので・・・ここはまず優勝、そして来期のCL出場に一歩でも近づいておいてもらいたいところです。そして是非また欧州の舞台でフローのゴールを見せて欲しいものです!

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

ヨナタン・バキーニ、復活のアシスト

コカインの陽性反応から約1年間の出場停止を受けていた元ブレシアのサイドプレーヤー、ヨナタン・バキーニが昨日のサンプドリア×シエナ戦でついにピッチに復帰し、1アシストを記録しました。

2-2の同点の局面で、後半32分に交替で出場。その6分後にヴェルガッソーラの逆転弾を演出しました。残念ながらロスタイムのPKで再び同点とされ、決勝弾とはなりませんでしたが、長く、苦しかったであろうサスペンションの終わりを自らのアシストで祝いました。

おそらく、本人も期するところは大きかったと思われます。復帰おめでとう、ヨナタン!

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

ヴォルパート、全体練習に復帰

10月6日に盲腸で倒れて以来、手術、入院を経て別メニュー調整を続けていたレイ・ヴォルパートが本日、全体練習に復帰しました。ジェノヴァへの遠征からは外れたミケーレ・ミニャーニも全体練習に参加しています。

現在の故障者は左足内転筋に炎症を患ったマッシモ・マラッツィーナただ1人です。

速報 サンプドリア×シエナ

セリエA第8節
サンプドリア 3-3 シエナ FT

シエナ(4-3-1-2)
GK:ミランテ
DF:ネグロ レグロッターリエ ポルタノーヴァ(46'アウベルト) ファルシーニ
MF:ダヴェルサ テュドル ヴェルガッソーラ ロカテッリ(77'バキーニ)
FW:ボグダニ キエーザ(90'コロンネーゼ)

サンプドリア(4-4-2)
GK:アントニオーリ
DF:カステッリーニ ファルコーネ パヴァン トネット
MF:ディアーナ(61'パロンボ) ヴォルピ ダッラボーナ(80'ザウリ) ガスバッローニ(86'クツゾフ)
FW:ボナッツォーリ フラーキ

Gol:
38' 1-0 フラーキ(PK)
48' 1-1 ロカテッリ
54' 2-1 ヴォルピ
70' 2-2 キエーザ(PK)
83' 2-3 ヴェルガッソーラ
90' 3-3 ヴォルピ(PK)

Ammoniti:
シエナ
:27'ボグダニ 32'ダヴェルサ 72'テュドル
サンプドリア:62'ガスバッローニ

Espulusi:
サンプドリア:80'フラーキ

ガゼッタ.itの予想通りの先発メンバー。
PK3本を含む壮絶な打ち合いの末、3-3のドローに終わりました。
試合中の暫定順位は、一時は6位まで浮上していたみたいですが、結局勝ち点1に留まり、12位で今節を終了です(今夜のローマデルビー待ちですが)。これでおそらくまた総得点2位、総失点1位かと思われます。

注)以下はガゼッタ.itのテキスト速報から、筆者が適当に抜粋して翻訳しています。訳はあまり信用しないでください。

1' サンプドリア×シエナ、キックオフ。両チームのメンバーは予想通り。シエナはフォーリョに替えてバキーニをベンチ入りさせています。

5' フラーキが右サイドから丁寧にクロスを入れるも、ミランテが飛び出してキャッチ。

8' ファルシーニが左からクロス。ボグダニが飛び込むが、アントニオーリがカット。

16' ガスバッローニがペナルティエリア付近でレグロッターリエをかわし、右足でシュート。しかしボールは弱く、ミランテがセーブ。

27' ボグダニにイエロー。

32' ダヴェルサにイエロー。

33' ペナルティーマーク付近でディアーナが強烈なシュート。しかしミランテの正面。

37' ポルタノーヴァのボナッツォーリへのファールがPKに。しかしおそらくエリアの外だった(!)とのこと。

38' サンプドリア先制。フラーキがPKを決める。

44' サンプは左サイドでボールを支配(ネグロが右サイドバックをやっているサイドですね)。シエナは苦しい展開。

45+2' フラーキが決めた疑惑のPKの1点のみで前半終了。ブルーチェルキアーティ(サンプの愛称)のリードで試合を折り返します。

46' ポルタノーヴァに替えて、アウベルト投入。

48' ロカテッリ、ゴール!キエーザのシュートがポストに跳ね返ったところを、左足で押し込みました(←ポストの跳ね返りには間違いありませんが、ペナルティエリア正面からの簡単ではないシュートでした。さすがロカテッリ)。

54' ヴォルピの得点で、サンプ再び勝ち越し。約20メートルからのヴォルピのFKが、壁に入ったDFの足に当たり、コースが変わってゴールイン。

60' あわやロカテッリの2点目というシーン。アウベルトの巧いお膳立てから。しかしアントニオーリが阻止。

61' パロンボIn、ディアーナOut。

62' 主審がオフサイドでゲームを止めた後もプレーし続けたガスバッローニにイエロー。

69' クロスボールの競り合いで、パヴァンがボグダニにファールを犯したとして、PKの判定!

70' キエーザがPKを決め、シエナ同点!

72' フラーキのクロスからボナッツォーリの強烈なシュート。しかしミランテがクリア。

72' テュドルにイエロー。

77' ロカテッリに替え、バキーニ投入。1年ぶりのセリエA復帰です!

80' ダッラボーナに替え、ザウリ投入。

80' 審判への抗議でフラーキ退場。

83' ヴェルガッソーラ、レーテ!シエナ逆転!バキーニが右サイドで巧みに抜け出し、ゴール前に詰めてきたヴェルガッソーラへ折り返し。ピッチ中央でドリブル、右足でゴール前のヴェルガッソーラにスルーパス。

84' ヴェルガッソーラにイエロー。

86' クツゾフIn、ガスバッローニOut。

90' シエナ、キエーザに替えてコロンネーゼ投入。

90' 元サンプのキエーザにドリアーノからブーイング。

90+4' エリア内でファルシーニがパロンボをつかんだとして、この試合3本目のPK。

90+5' ヴォルピ、PKを決める。サンプドリア3-3シエナ。


90+5' 主審のジラルディ氏の笛が鳴り、試合終了。みなさん、今日の主審の名はジラルディです。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

サンプドリア戦予想スターティングメンバー

ガゼッタ.itによる明日のサンプドリア戦の予想スターティングメンバーは、以下の通りです。

シエナ(4-3-1-2)
GK:ミランテ
DF:ネグロ レグロッターリエ ポルタノーヴァ ファルシーニ
MF:ダヴェルサ テュドル ヴェルガッソーラ ロカテッリ
FW:ボグダニ キエーザ

サンプドリア(4-4-2)
GK:アントニオーリ
DF:カステッリーニ ファルコーネ パヴァン トネット
MF:ディアーナ ヴォルピ ダッラボーナ ガスバッローニ
FW:ボナッツォーリ フラーキ

サンプのサイドアタックを警戒してか、この試合デ=カーニオ監督は4バックを選択するだろうとのこと。ポルタノーヴァの左サイドバックよりはネグロの右サイドバックの方が良いでしょうけど・・・上手く行くのでしょうか?

この試合の招集メンバー20人は以下。内転筋炎症のマラッツィーナに加え、すでに通常練習に復帰していたミニャーニと、今日から通常練習に復帰したヴォルパートも召集から外れました。

Alberto
Bachini
Bogdani
Chiesa
Colonnese
D’Aversa
Falsini
Foglio
Fortin
Gastaldello
Legrottaglie
Locatelli
Mirante
Molinaro
Nanni
Negro
Paro
Portanova
Tudor
Vergassola

(招集メンバー貼ってませんでした、失礼)

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

マラッツィーナ、サンプ戦出場不可

マッシモ・マラッツィーナは左足内転筋の炎症で休養を取っています。サンプ戦の招集メンバーからは外れる模様です。

エルヨン・ボグダニは左足くるぶしの軽い打撲のため大事を取って休養しましたが、サンプ戦には問題ありません。明日には通常練習に復帰します。

ミケーレ・ミニャーニはチームと一緒に全ての練習メニューをこなしました。レイ・ヴォルパートは別メニュー調整を続行中です。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。