A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は本当にやばいかも

09-10シーズンに入り、初めての更新ですね。
第10節を終え、シエナはダントツの最下位となっています。

1勝2分7敗、勝ち点5。
ひとつ上が森本のいるカターニャで、勝ち点7。
その上にアタランタ、ボローニャ、リヴォルノが3つ並んで勝ち点9。
この時点で早くも4差が開いてしまいました。

どんなことになっているんだ…と確かめたくても、放送試合数激減のセリエAではシエナのゲームは全く見られず、何か事態が好転することを祈るしかない状況です。

私が現地に見に行った頃の選手といえば、もうヴェルガッソーラとマッカローネの2人だけになっちゃいました。辛うじてプレーのイメージがつかめるのがコドレアだけ、あとはもう全然わかりません。

試合は見られないわ、知ってる選手はみんないなくなっちゃうわ、何も語ることがない私。うーん辛い。
日程を見ると放送がありそうなのが来年の1月10日のアウェイ・インテル戦かな?それまで情報なしかー。これは厳しいなー…。

数年ぶりに降格の文字がくっきり眼前に浮かぶ今日この頃です。しかしこの痺れる感覚が、何か懐かしいような気がするのも否定できない…。



スポンサーサイト

なんだか落ち着いて見られると思ったら…

昨日のインテル戦、押し込まれながらも何故か失点する気がしなかったんですが、あることに思い当たってしまいました。
それは「レグロッターリエがいなかった」ということ。

パワーもある、技術もあるんですけど、一番大事な場面でおたついてることが多いような…。昨日はそういうシーンがほとんど無かった(全く無かったわけではない。59分頃のスイッチミスとか)。

ポルタノーヴァなんて上手い繋ぎも期待できないですが、昨日は大変頼もしかった。テュドルの最終ラインでの存在感はもはや言うまでも無いですしねえ。
こういう安定感のある守備が出来れば、今後失点はグッと減るでしょうね。しばらくこのメンバーで続けてみて欲しいですね。

ただやっぱりデ=カーニオさんの「CBぶっこみ逃げ切りモード」は、あまり得策だと思えません。
本当はここでスピードのあるフォワードなんかを投入して、カウンターの形を残しておきたいんですよね…そしてボールを前線でキープして時間稼ぎ、という選択肢が、今のシエナには無い。

だから何度ボールを跳ね返してもすぐに相手の攻撃が始まって、残りの15分間とかをじっと耐えるだけになってしまう。本気で攻めに来る相手に、15分間耐えるっていうのは結構きついですから。そこで失点するのは選手のせいとも一概に言えないのではないかと思います。

マラッツィーナ放出がほぼ確定的という噂ですから、1人ぐらい俊足のストライカーでも獲ってみてはどうでしょうかねえ?ペリネッティさん。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

弱き者よ、汝の名はシエナファン in TOKYO

さて。水曜に視聴できなかったスカパー!・セリエAハイライトをようやく昨日土曜日に見ることが出来た訳ですが、本当にシエナのゲームは両方とも試合結果だけでした。しかも第10節の方は確かトレヴィ-ゾ×シエナ以外は映像があったような。

そんな訳で私はとうとうに「あれ」に入ってしまいました・・・。ええ、携帯のセリエA公式ムービーサイトです・・・・・。

なぜかシエナのホームゲームはプレミアコースの方に含まれており、月額525円(そうか、シエナはやっぱり人気クラブなんだ!)。

ここの動画ダウンロードでやっと、トレヴィーゾ戦のキエーザの決勝ゴールを見ることが出来ました。ヴェルガッソーラが放ったミドルのこぼれがもう一度彼のところに戻ってきて、彼がコントロールしたボールを左斜め後方から走り込んできたキエーザが掻っさらうようにシュート!ゴールイン!といった感じの得点でしたね。

しかしこのサイトはセリエAのゲーム、全試合抑えてるんですねえ。
スカパーが放映権を入手できなかったラツィオのホームゲームまである(ちっちゃい携帯の画面で寂しいですが。)
これはもうスカパーいらないかもと思わせるような出来事でしたねえ。

しかし最近シエナ公式はゴールハイライトやってくれないと思ったら、こんなものがあるんならそもそもやっちゃ駄目ですよね。きっとツッコミ入ったんでしょうね。

しかし、それにしても遠い日本でシエナのファンをやるって言うのはほんとにしんどいですねえ・・・。とは言え、何と言ってもシエナが勝ってくれることが最高の楽しみですから。好きになったらしょうがない。サッカーファンというのは因果な生き物です。

テーマ:セリエA - ジャンル:スポーツ

サンプ×シエナをハイライトで確認

たった今、日曜のサンプ×シエナ戦をスカパーの「セリエAハイライト」で確認しました。

私のイタリア語は非常に怪しいものなので、ハイライトを見るときは速報の翻訳が合っているかどうかどきどきします。

おおむね合っていたのですが、シエナの逆転弾のアシストをしたバキーニのプレーは、「右サイドから」ではなく、「右足から」のパスでした。ピッチ中央でスラロームのドリブルから、ヴェルガッソーラへスルーパス。鮮やかでした。

シエナが取られた2本のPKは、かなり灰色のものでした。あれで勝ち点2を取り上げられてはたまりません。

それにしても取って取られて、熱い試合だったようです。返す返すもこの試合は90分まるまる見てみたかったですねえ・・・!

レグロッターリエという男

今シーズンユヴェントスからレンタル移籍で加入しているセンターバック、ニコーラ・レグロッターリエインタビューがACシエナ公式HPにアップされていたのですが、この男こんなに喋るのかというロングインタビューが展開されています。はっきり言って読む気がしないのですが、なんとか半分ほどざっと目を通してみたところ、やっぱり大したことは言ってなさそうです。

02-03シーズンのキエーヴォで、プロ生活11年目にして大ブレイク。その活躍を買われて移籍していったユーヴェでポカミスを連発し、ユーヴェ凋落の負の立役者となりました。

しかし水曜のアスコリ戦では、ロングフィードからボグダニの先制点をアシスト。守備の面でも今のところ力を発揮してくれているようです。どうかこのシエナで活躍し、失われた評価を取り戻してくれることを祈っています。くれぐれもさらに評価を下げるようなシーズンにはなりませんように。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。