A.C.シエナ情報ブログ “今日のSIENA”

7年目のセリエA、正念場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シエナ、降格決定

第36節、パレルモ戦に1-2で敗北。
アタランタ×ボローニャが1-1のドローだったため、勝点30のままのシエナと同40まで伸ばしたボローニャの差は10まで拡大。もともと9差を挽回するにはシエナが3連勝、ボローニャが3連敗するしかなかった訳で、これをもってシエナのセリエB降格が決定しました。

これまでも何度も降格危機を迎えては、最後の最後で生き残ってきたシエナでしたが、今年はついにアウトでした。来季はセリエBにて、昇格を目指して戦うことになります。

私が現地観戦に行ったころからのメンバーはマッカローネ、ヴェルガッソーラぐらいで、彼らが来季残ってくれるのかどうかが個人的には気になるところ。彼らまでいなくなっちゃうと、イメージが全然つながらなくなってしまうので。むしろB落ちで、去っていったメンバーが帰ってきてくれたりしたら嬉しいんですけど。それこそキエーザとか。

次にAで戦えるのは、再来年になるか、それともずっと先になるのか…。それでもシエナは無関心ではいられないクラブ。復帰を祈りつつ、見守りたいと思います。Bでも結果ぐらいは追えますしね。いい時代だ。

スポンサーサイト

カターニャ×シエナ

ご無沙汰です。

カターニャ×シエナをスカパー!にて観戦しております。
カターニャに先制点を奪われ、0-1。
シエナは攻撃の形を作れず。これはこの順位にいるのも仕方ないのかなあ…。

このまま敗戦となると、いよいよ残留は厳しくなります。
逆転に期待しつつ後半へ…。

後半始まりました。
いきなりPK取られちゃいそうなプレーからスタート。
不安な立ち上がりです。

やった!同点!マッカローネ!

…ん。…あ。あっとゆう間にまた負け越し…。
打ってる間に負け越し。悲しいです。

右からのクロスをマッカローネが頭で合わせて同点。
しかしその直後、ビアジャンティに決められました。
知らない選手です。はーあ。

うわ!ヴェルガッソーラ決めた!!
ミドルシュート、DFの足に当たってコースが変わりゴールイン!
マッカにヴェルガッソーラに、なじみの人が決めてくれて嬉しいなあ。

ボローニャ、アタランタといった残留のライバルが勝ち越しています。
勝っても苦しいぐらいで、このまま引き分けではいよいよ…。
なんとか逆転勝利してくれないでしょうか。

2-2で終わってしまいました。シエナは勝ち点30に。
15位のボローニャが追いつかれて、勝ち点36。
4試合で6点差、苦しいです。が。可能性はまだ消えていません。

キエーザ帰ってくるの?

キエーザが帰ってくる?ということなの?
http://www.acsiena.it/newsdetail.php3?id=8009

ジャンパオロ監督を解任したシエナ、新監督のマルコ・バローニさんを据えて臨んだラツィオ戦は1-1のドローでした。勝点1獲得も最下位は変わらず。

キエーザが帰ってくるとしたら、巻き返しに期待とかどうこうより、単純に嬉しいです。我ながらそれもどうかと思いますが。



祝・今年もシエナ残留

セリエA第35節が終了し、パレルモに勝利したシエナは勝ち点43に到達。
降格圏の16位ボローニャに13ポイントの差をつけ、残り3節では逆転不可能となって今季の残留が決定しました(というかボローニャが勝てなかったので負けてても決まっていた)。

まずはめでたしめでたし。

そして上を眺めても…とくに欧州カップ戦に出られるような順位に届く可能性もなく…えー、これをもって今季は残り消化試合となりました。

まだ見ぬ2009-2010シーズンに期待をこめて、今季はひとまずスウィートエンドであります。ホームで気持ちよく残留を決めて、最後の最後にカライオが役に立ちました。ありがとうカライオ。


あにいさま、いらっしゃい!
はじめましてリッチャレッリです。
更新のおろそかなサイトでごめんなさい。

>確かにそろそろELには出て欲しいですが、個人的にはエンポリやキエーボの様に慣れない過密スケジュールでBに降格してしまう可能性を否定出来ないので、今しばらくは力を蓄えて欲しいですww

まったくもってごもっともでございます。
とてもじゃないですが、乗り切れる体力は今のシエナにはないでしょうねえ。
いつかそんな日が来るかもね、ぐらいに、気長に待ちたいと思います。
なんかセリエAもBと分離してプレミアの二番煎じ狙うみたいですが、効果があるかどうかは疑問な上、Bのクラブは大ダメージ確定だと思うんで、とにもかくにも残留できた今年は万々歳ではないでしょうか。

いいかげんな管理人のブログですが、よければいつでも遊びに来てくださいねー。
ではでは。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

順調、順調。

ラツィオ、ボローニャに連勝して、シエナは現在勝点37の14位。そのボローニャが現在降格圏の18位で、勝点差は11あります。残留争いの勝点差は「残り試合数×1ポイント」というのが逆転可能な目安と、よく言われます。その説で行けば、残り7試合でこの勝点差はかなり安心していいライン。

3月8日のカターニャxシエナは見ました。フィオレンティーナとのトスカーナデルビーは、見る前に0-1の結果をしてしまい、見ていません。

カターニャ戦を見る限り、サイドからベーシックに攻めていくシエナのスタイルっていうのは変わってないなーと。スニガみたいな切れも技もあるサイドバックがいて、そこから始まっていくという。コンコとか、モリナーロとか、そういった前任者の系譜は受け継がれているみたいだし、これからも変わらないのかなって見えました。

で、やっぱりマッカローネですね。力あります。彼が取れたのはでかかったと再認識。カライオ、この試合ではとくに有効性は感じず。

ここまで31試合を終えて、29得点33失点。得点は平均1をちょい割り込み、失点はちょい越えていると。堅く戦ってるのかなあ。

えー、欧州CLではまたベスト4のうち3つがプレミア勢と。イタリアはとっくの昔に全滅。イタリア好きには悲しい事実です。

残念ながらイタリアのレベル低下は認めざるを得ない事実。でもこんな時こそ、間隙を縫って上位浮上、UEFAカップ出場権獲得!なんて、やってくれたら嬉しいんですけどねえ。うーん、未来はきっと明るいぞ、フォルツァシエナ。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。